置かれた櫛

自分にあった

髪の毛

原因を知ろう

AGAになる時の髪の毛の抜け方は、特徴があります。
その特徴は3種類あり、額の生え際からのパターンと頭頂部からのパターン、その両方から進行するパターンがあります。
AGAを発症してしまう理由は、遺伝的な要素が考えられます。
父親や祖父がAGAであれば、自分もAGAを発症してしまうことが多くなるのです。
もしも抜け毛が酷くなってしまって、父親や祖父にAGAを発症してしまっている場合があれば、AGAの可能性があります。
それに気づいてしまったら、早めに専門の病院での検査を行ない、治療をしていきましょう。
早期に治療を始めることで、早く改善することもできます。
AGAの症状は、男性だけに限られています。女性の父親や祖父に遺伝子がある場合でも、発症するということはありません。
しかし、母親がそのような遺伝子を持っている場合では発症する可能性があります。
女性は女性へと引き継がれるのです。

セルフチェック

自分がAGAの症状になるのかどうかは、セルフチェックなどで検査することも出来ます。
このチェック方法はインターネットサイトで簡単にできます。
チェック項目はこのような内容になっています。
まずは、父親や母親、または祖父母に薄毛の症状が出ている人はいるのか、遺伝的な要素があるのかどうかです。
また、最近抜け毛が酷くなってきた、髪の毛にボリュームがなくなってきたなどが挙げられます。
その他にも、10代~20代の間に髪の毛が薄くなってきた気がするなどが挙げられます。
これらの症状に当てはまるといった場合には、注意しておきましょう。